一宮市のいちじく栽培農家ファーム大しま公式サイト

愛知県一宮市のいちじく栽培・菓子製造 ファーム大しま 
〒491-0824 愛知県一宮市丹陽町九日市場2852 TEL&FAX 0586-77-0975



nagoya%20bana-.jpg札幌東急百貨店大なごや祭りにて当ファームのジャム・グラッセ・コンポートを販売しました。
完売御礼 ありがとうございました。

そのまま食べてもおいしい、完熟いちじくだけを使ったファーム大しまオリジナルのデザートです。

ファーム大しまいちじくジャム

ファーム大しまいちじくジャム

ファーム大しまいちじくグラッセ

conport(pro-1).jpg



giftset(dai).jpg

ギフトセット発売開始しました♪

ファーム大しまのおいしいいちじくだけを使ったギフトセットの販売を開始しました。一宮のお土産としてや大切な方へのギフトとして、「愛知県一宮産いちじく100%」のギフトセットはいかがですか?サイズは大・小の二種類がありますので、お好きなサイズを用途に応じてお選びください。包装、発送ももちろん喜んで承っております。

詳しくはこちら

ご注文用紙はこちら(FAXにてご注文ください)

ファーム大しまのホームページへご訪問いただきありがとうございます。私たちは繊維の町として知られる愛知県一宮市でいちじくの栽培と加工を行っています。
母娘二人で一から始めたいちじく栽培。
苦労もしましたが多くの皆さまにご愛顧いただけるまでになりました。
そんな私たちの畑をご紹介します!

summerred.jpg

これが私たちの畑で実ったいちじくです。

ぱっくり割れた実が完熟の証です。
でも…おいしい果実は虫も大好物!特にいちじくは果肉も柔らかく、栽培は虫との闘いです。

tip.jpg1月ごろの農園
まだ寒~い1月から私たちはいちじく作りの準備を始めます。これ、何をしてると思います?前の年にカットしたいちじくの枝や葉を細かく粉砕してるところです。

いちじくって新しい枝に実がなるから毎年枝を切り落とします。わたしたちの農園ではこの切り落とした枝を粉砕して、堆肥にし、畑にまくという循環式農業を行っています。

tuchi.jpg

粉砕した枝や葉は一年かけてじっくり堆肥にします。

一年前作った堆肥は3月後半に元肥として土に与えます。熱を加えて数か月で堆肥を作る方法もありますが、ファーム大しまでは一年かけてじっくり堆肥を熟成! 「おいしくな~れ」と念じながら土づくりを行います!

おいしいいちじくには虫も目がありません!でもできるだけ農薬には頼りたくない…。だから私たちは木の皮から手作業で一つひとつ幼虫を掘り出したり、(←私たちはこれを「テデトール」と命名しました!)、防虫ネットを張ったり、


higenagagomahukamikiri01.jpgこいつが敵なんです~。
見てください、こいつ!かわいい?なんてとんでもない!カミキリ虫は根からいちじくの木を食い荒らす最大の敵!私たちはこいつからいちじくを守るため、日々奮闘しています。

IMG_0002.JPG7月ごろの農園
防虫対策の一つがこの白いシート。このシート、一見なんの変哲もない白いシートですがが、夏の日差しを痛いぐらいに反射し、その反射光が実り始めた実を虫から守ってくれるんです。

syukaku.jpg収穫風景。手袋着用でやさしく収穫します。
それともう一つ。我が家のいちじく栽培のこだわりはこの「雨傘」。雨濡れても実が傷んでしまう、繊細ないちじくを守るため、丁寧に雨傘をかぶせています。

収穫時期は大忙し。毎朝四時半から収穫を開始します。こんな苦労も「木で完熟したいちじくをみなさんに味わっていただきたいから。」やわらかくいたみやすいいちじくは、通常ちょっと早取りをして出荷されます。

しかし、私たちは収穫シーズンには毎朝4時半に収穫を開始し、そのいちじくをすぐにパック詰めし、10時には販売店の店頭に並べる


3type.jpg

そんな私たちの畑でできた色とりどりないちじくたち。
赤いのが、みずみずしく食べごたえがある「桝井ドーフィン」
紫が、上品な甘さで日持ちが良い「ビオレソリエス」
黄色が、甘さ強く少しねっとりとして皮ごと食べられる「バナーネ(黄いちじく)」です。

収穫した完熟いちじくはその日のうちに出荷し、本当においしい状態でお客様にお届けしています。

でも生のいちじくのシーズンは8月~10月の約3カ月。「シーズン外にもおいしいいちじくが食べたい!」そんな声にお応えして10年前から収穫したいちじくを使ってジャムを作り始めました。

ジャムから始まったファーム大しまブランドのいちじく加工製品も今ではグラッセ、コンポートと三種類に増えました。
私たちの作るものはすべて完熟したいちじくを使用しているのが特徴です!だからどれも生のいちじくの風味そのままに、おいしく仕上がっています。

ぜひ一度ファーム大しまのいちじくをご賞味ください。
ichijiku2.jpg

LinkIcon商品案内はこちらから

LinkIcon栽培状況はこちらから